納骨堂探し~自分のため、家族のための終活第一歩をここで~

お墓

新しい選択

喪服の女性

あなたは納骨堂という新しい選択をご存知ですか。
今まで、遺骨というのはお墓に埋葬されていたのですが、納骨堂であれば埋葬はしません。納骨堂という建物の中へ納め、いつでも気軽に参拝ができるようになっているのです。
やはり、お墓へ行って参拝しなければならない…というような考えの人もいるでしょうが、現実的なことを考えると、納骨堂のほうがメリットは多いです。
東京のような都心では十分な土地が確保できない、土地があっても東京の土地代が高いということで、お墓を立てたくても立てられないというのが現状です。どうしてもお墓を立てたいということであれば郊外へ行く必要がありますが、膨大な費用、不便な交通、定期的に管理をしなければならないというようなことを考えると億劫になってしまいます。
東京には納骨堂が数多く存在しています。納骨堂という選択であれば、立地がよく参拝しやすい、手入れも不要、費用を安く抑えることができるというお墓のデメリットとなる部分をすべてカバーしています。

近年、終活という言葉が流行しているように、40~50代の若い人でも納骨堂探しをしています。今から自分の死と向き合いたくないという人も居るとは思いますが、死というのはかならず訪れるものです。そのため、しっかりと向きあわなければならないのです。終活というのは自分のことではありますが、家族のことでもあります。しっかりと家族で話し合いを行なって、納得できる形をとりましょう。

メリットとは

霊柩車

東京ではお墓を立てる、納骨堂を利用するという選択肢があります。どちらでも問題はありませんが、納骨堂のほうがメリットは多いです。どのようなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

5つの種類

棺にお花

一口に納骨堂と言ってもいろいろな種類があります。東京には主に5つの種類があり、それぞれで納骨方法や参拝方法が変わってきますので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

お墓の引っ越しを

供養

東京に住んでいて、地方のお墓へなかなか参拝することができない…そういった場合には、東京の納骨堂へ改葬するという選択肢があります。お墓の引っ越しには色々と手続きがありますが誰でも行なうことが可能です。